« 2011年10月 | トップページ | 2012年10月 »

2011年11月

2011年11月 4日 (金)

菅刈小学校さんの体験報告♪

目黒区のみなさん、こんにちは。


今回は、10月14日に行われた、菅刈小学校のみなさんの農業体験&

はしづくり体験の様子をレポートします。


最初は、畑での体験からスタートです。まずは、ラディッシュの収穫と、

カブの間引きを体験していただきました。

こちらは、ラディッシュの収穫の様子です。

緑の葉っぱの下からのぞいている赤や白の「アタマ」がより大きなラディッシュを

選んで採ってもらいますeye

01_2



ラディッシュにも様々な種類がありますが、今回採ってもらったのは、

細長い品種のラディッシュです。思い通り、大きなラディッシュが採れましたかsign02



02_2



こちらは、カブの間引きのようすです。

03_3



今回のカブはまだ収穫できる大きさには育っていませんが、これからもっと

大きくするためには、森林体験でおこなった間伐と同様に「間引き」が必要に

なります。



この「間引き」がラディッシュの収穫と異なるのは、大きなカブはさらに育てる

ために残し、小さな葉っぱのカブを採るということclub

04_3

言葉にすると簡単なようですが、実際にカブを目の前にすると、

「どっちが大きいかな?」、「どっちを残した方がいいの?」とみなさん

迷ってしまいましたね。


この間引きが、のちのち大きなカブが採れるかにも関わってくるので、

責任重大ですsweat01 それでも、最後にはみなさんしっかりケツダンをして、

たくさん間引いていただきましたsmile

05_2

この間引いた葉っぱ、実は柔らかくて生で食べても美味しいんですよshine


さて、次の体験は、トマトの収穫です。季節はすっかり秋となりましたが、

ここのトマトはまだしっかりと赤い実をつけてくれています。


とはいえ、夏野菜であるトマトの収穫はそろそろおしまいです。今年も、

たくさんの目黒区のみなさんに味わっていただきました。今年のトマトの

収穫体験は、この菅刈小学校さんで最後になりますsandclock みなさん、お気に入りの

トマトを、見つけられましたか?

06_2


農業体験の次は、みずがきランドに移動してのはしづくり&調理体験です。


今回の菅刈小学校の皆さんには、スペシャルメニューとして、畑で収穫した

ばかりのラディッシュと間引いたカブの葉っぱを使って、お漬物とお味噌汁を

作りましたねrestaurant

07_2

さきほどまで畑にあったみずみずしいラディッシュ。上手にきれたでしょうか?


調理体験のあとは、丸太切り&ペイント体験です。

ラディッシュとは異なり、丸太を切るのはかなりの手ごたえがあったのでは

ないでしょうかcoldsweats01




08



それでも、みなさん上手にノコギリを使いこなし、なんなく丸太を切っていまし

たねscissors




切った丸太には、思い思いにペイントです。今回の八ヶ岳宿泊体験の

思い出をペイントしてくれた人が多かったようですね。


09



こちらは、はしづくり体験の様子です。

はしづくりは、カンナを使っての体験になります。このカンナ、大人でも使った

ことがない人が多いのではないでしょうか?



10


カミソリのような刃で、ヒノキの角材をしゅるしゅると薄く削っていくのですが、

最初はなかなかうまくいきません。あちこちで悲鳴・タメ息をつきながら

悪戦苦闘ですbearing



でも、コツをつかんでくると、面白いようにカツオ節のような削りカスが出てくる

ようになってきます。1本目はとまどっていた子たちも、2本目はあっという間に

仕上げていましたねsmile




盛りだくさんの体験内容でしたが、あっという間の2時間でしたね。



予定では、みずがき山自然公園でお昼ごはんを食べていただく予定でしたが、

雨がポツポツとしてきたため、予定を変更してみずがきランドでお昼ごはんを

食べていただきました。




今回は、お弁当のほかに、自分達でとったカブとラディッシュの葉っぱ入り

お味噌汁とラディッシュのお漬物つきです。肌寒くなってきた増富では、

あったかいお味噌汁がおいしそうでしたねspa

また、ラディッシュのお漬物は、最初はおっかなびっくり「ひとつだけでいいで

す・・」と言っていたお友達もいましたが、食べてみると「おいしい、おかわり

ありますか!」という声も聞こえてきましたよ。


スタッフにとって、育ててきた野菜をおいしく食べてもらうのが一番うれしいん

ですlovely 菅刈小学校のみなさん、ありがとうございました!


7月からはじまった目黒区ファームの体験も、今年はこの菅刈小学校で

最後です。スタッフ一同、お見送りでは少しさみしい気持ちになりましたweep




また、増富を訪れてくださいね!スタッフ一同、お待ちしていますよ!!

2011年11月 2日 (水)

緑ヶ丘小学校さんの体験報告♪

目黒区のみなさん、こんにちは。


今回は、10月3日に行われた、緑ヶ丘小学校のみなさんの農業体験&

森林体験の様子をレポートします。


最初の体験は、田んぼでの稲刈り体験ですpunch


まず、えがおつなげてスタッフから、おコメのレクチャーをおこないました。


ここで作られているおコメは、「あきたこまち」です。あきたこまちを作る理由の

ひとつは、冷涼な増富の気候にあります。その地域にあったおコメを作って

いるんですねriceball

01





刈り方の注意事項を教わってから、さっそく稲刈りです。


02

聞くと、緑ヶ丘小学校のみなさんは既に稲刈り経験者とのこと。


はじめから、慣れた手つきで稲を刈ってくれました。頼もしいですねshine


03

10分程度の短い時間でしたが、予想以上の稲を刈ってもらいましたよ。


次は、刈った稲を束ねて、ひもで結わえる作業です。


04_2

刈った稲穂がなかなかまとまらなかったり、ひもがゆるくて稲穂が落ちてしまっ

たりと、みなさんちょっと悪戦苦闘ですsweat01

「稲刈りは得意だけど、しばるのは苦手なんだよな~」という声も・・・catface

それでも、みなさん一生懸命チャレンジしてくれました。時間がきても、

結わえつづけてくれる子もあちこちにいて、スタッフもとっても嬉しかったですhappy02




仕上げは、束ねた稲を“はざ”にかける作業です。

05

今では機械で乾燥させることも多いですが、やっぱり天日干しが一番scissors いう

ことで、えがおつなげての農場では、この“はざ”にかけて稲を乾燥させます。


06

空はどこまでも青く高く、まさに「収穫の秋」という天気でしたねsun


こうして“はざ”に稲が並ぶと、しみじみ「秋が来たなあ~maple」って思うんです。


緑ヶ丘小学校のみなさんのおかげで、無事に「収穫の秋」を迎えることが

できましたよ!


稲刈り体験のあとは、バスに乗って移動し、今度はちょっとうす暗い森のなか

での体験です。


「ブリ縄」を使った木登りをとおして森のお仕事の一端を体験してもらいました。


今では知る人ぞ知る「ブリ縄」の技術ですが、今年はたくさんの目黒区の

みなさんに覚えてもらいました。さて、緑ヶ丘小学校のみなさんはうまくできた

でしょうかsign02


07

みなさん上手にのぼっているようですねgood

まわりのお友達がブリ縄の片方を押さえてあげたり、ロープを一緒に引っ張って

あげたりと、緑ヶ丘小学校のみなさんはとてもチームワークがよかったですね。


082

みんなで登り方を教えあって、うまく登ったら拍手をしてあげる。

この3日間の八ヶ岳自然体験宿泊教室で、友達とのきずなも深まったのでは

ないでしょうかconfident



ここ増富での体験も、みなさんにとって大事な思い出の一コマになっていると

嬉しいですsmile

いつかまた、遊びに来てくださいね!

« 2011年10月 | トップページ | 2012年10月 »