« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月27日 (木)

碑小学校さんの体験報告♪

目黒区のみなさん、こんにちは。

今回は、10月3日に行われた、碑小学校さんの体験教室の様子を

レポートしますclub


「収穫の秋」。標高の高くなる増富地域では、他の地域に少し遅

れて稲刈りが最盛期を迎えています。

収穫を待ちわびた稲が金色に色づく田んぼが今回の体験場所ですsun

Photo

碑小学校のみなさんにはカマを使って稲を刈る作業と「はざがけ」

といって、刈った稲を束ねたものを天日干しにする作業をクラスご

とに分かれて体験して頂きましたmaple

まずは、えがおつなげてスタッフの稲の刈り方・束ね方の見本を見

てもらってから、いざ稲刈りへ!

最初は、慣れないカマを使っての稲刈りに苦労していたようですが、

じょじょに、ざくざくとテンポよく上手に稲を刈っていましたねhairsalon

Photo_3

Photo_4

次は、刈った稲をひもで束ねてもらう作業です。

簡単そうに見えてこの作業がとても大変dash

稲の穂が束から落ちてしまわないように、ギュッと強く結びます。

Photo_5


こちらは、束ねた穂の‘はざがけ’作業です。田んぼに立てられた

‘はざ’に束ねた稲をかけておコメを天日に干す作業ですsun

Photo_6

この‘はざ’は地域によって‘うま’や‘うし’と呼ばれたりもし

ます。秋晴れの中、はざがけされた稲もこころなしか気持ちよさそ

うでしたね。

パワフルな碑小学校のみなさんのおかげで、予定していた広さを

大きくこえて田んぼ1枚全面の稲刈りを完了して頂きましたrock

みなさんの仕事のはやさには、えがおつなげてのスタッフもとても

おどろきましたよ。

クラスごとのチームワークもばっちりでしたねscissors



最後には「落ちた穂も集めればお茶碗1杯分のごはんになるね」と、

みなさん1本1本拾ってくれましたね。

春のお田植えから大切に育てられたおコメ、みなさんに1本の穂ま

で大切にしてもらってとてもうれしいですconfident



今回、みなさんに稲刈り、はざがけして頂いたおコメは、これから

2週間ほど天日干しをして、脱穀(稲の穂からおコメの入ったもみ

の部分のみを取り分ける作業)、もみすり(おコメの殻‘もみがら’

をとりのぞく作業)、精米を経てみなさんの普段食べている白いお

コメになっていきますriceball


Photo_7



碑小学校のみなさん、元気いっぱいに稲刈り体験をしてくれてあり

がとうございました。

また、増富に遊びにきて下さいね。

みなさんの元気いっぱいの力を、農村は期待していますよsign01

2011年10月17日 (月)

下目黒小学校さんの体験報告♪

目黒区のみなさん、こんにちは。


今回は、9月30日に行われた、下目黒小学校のみなさんの森林体験&

農業体験の様子をレポートしますclover


まずは森林での体験からスタートです。下目黒小学校のみなさんにも、林業の

古き技術「ブリ縄」を使った木登りの体験をしてもらいました。


まず、えがおつなげてのスタッフから指導を受けながら、最初の子が挑戦です。

1


みんなの注目を浴び、ちょっと緊張しそうですねcoldsweats02


でも、うまく登れたようです。さすがsign03


2


みなさん飲み込みが早く、すぐにあちこちで歓声と拍手があがっていましたよnotes


3



最期は、みんなで協力して片づけまでしてもらいましたよshine

ありがとうございました!


森林体験はあっという間に終わり、次の体験場所まで移動です。

先生方が持っているのは、森林でのおみやげ(?)のヒノキの丸太です。

Photo


学校に帰ってから、図工の授業で使うそうですよ。


ヒノキの香りを、ぜひ楽しんでくださいねsmile


つづいての体験は、花豆の畑に移動しての農業体験です。

花豆は、ここ増富地区の特産品です。とっても大きな実がなるんですよ。

特に増富の花豆は粒もひときわ大きくて、高級品として知られているんですdiamond


まずは、背丈をはるかに超える花豆のつるに囲まれての作業説明です。

1_2

花豆は“さや”が茶色く乾燥して、からから音がするようになったら採り頃です。


さやは手が届かないぐらい高い場所にもたくさんありましたが、今回は

みなさんの手が届く範囲で探してもらいました。

2_2

ひとり一つずつ花豆を収穫し、中を開けてみると・・大粒の花豆が顔を出し

ましたねshineみなさん、その大きさや色にびっくりしていたようですよ。


次は、収穫した後の花豆が「商品」になるまでの、一連の作業を体験して

もらいました。

3_3



こちらは、さやを棒でたたいて、花豆を取り出しています。

ひとつひとつ手でさやを割ってもいいのですが、これだけ量があると手で

割るのも大変なので、地域のおじいちゃんたちはこうやって豆を取り出して

いるんですよconfident

ストレス発散のためか、スタッフの「もっと強くたたいて!」の声が効いたのか、

みなさん頑張ってたたいてくれましたcoldsweats01




豆がさやから出たあとは、「とうみ」という道具を使い、さやと豆を選別します。

4

博物館にありそうな道具ですが、ここ増富ではまだまだ現役ですscissors

ハンドルをまわして強力な風を送ることで、軽いさやは吹き飛ばし、

豆だけ取り出せるんですよ。

そして、「とうみ」で豆を選別したあとに、さらに選粒という作業があります。

5


ここでは、粒の大きさや色から、1級、2級、3級、その他に分けてもらいました。

当然、級のちがいによって、お値段も変わってくるんですよcatface

この選粒作業、増富では野菜が作れなくなる冬の時期に、コタツに入りながら

地道にやる作業でもあるんです。

大人でもなかなか級を見分けるのは難しいのですが、みなさん飲み込みが

早く、思った以上に選粒作業もすすみましたnotes


今回は、もりだくさんの内容でしたね!

みなさんのはたらきのおかげで、作業が大分はかどりましたよ。

また冬にもお手伝いに来てほしいぐらいですsmile


こんどはぜひ、増富に美味しい花豆の煮物を食べにきてくださいね。


お待ちしています!!

2011年10月12日 (水)

宮前小学校さんの体験報告♪

bud目黒区のみなさん、こんにちは。



今回は、9月28日に行われた、宮前小学校さんの森林体験教室の様

子をレポートしますtulip

これまでのブログでも既にお話しているように、目黒区ファームの

みなさんの森林体験では、植林された人工の森林を管理する林業の

大切なお仕事の一部でもある「間伐」と「枝打ち」作業に参加して

もらっています。


今回の宮前小学校児童53人のみなさんにも、枝打ち作業を行う為の

ブリ縄を使った木登り体験と間伐体験を通じて林業のお仕事を体験

してもらいましたrock


こちらはブリ縄体験の様子です。

まずはみなさん、ブリ縄の掛け方の説明をしっかり聞いて覚えましたね。

Photo

説明の後は生活班ごとのグループに分かれてもらい、実際にブリ縄

を木にかけてもらいました。

Photo_2

Photo_3

みなさん初めてのブリ縄体験でしたが、しっかり覚えて実践するこ

とが出来ましたね。分からないところはグループの仲間で教え合う

ことで、ブリ縄の掛け方もみなさんばっちりマスターしていましたね!

お見事sign01

ブリ縄を使って登った木の上は以外に高く、いつもと違った森の景色

を見ることができたのではないでしょうか。

Photo_4


ブリ縄の次は、間伐体験です。

こちらもグループに分かれ、力を合わせて1本の木を倒してもらいましたclub

間伐体験では木の倒れる方向をしっかり考えながら安全に作業することの

大切さも学びましたね。

Photo_5

木をノコギリで切ったり、みんなで力を合わせてロープでひっぱったりと、

とても力のいる作業でしたが、女の子も男の子もちからいっぱいがんばっ

て木を倒すことが出来ましたねclover

今回のみなさんの間伐作業では、木を倒す際に隣の木などにひっかかって

しまう「かかり木」も少なく、スムーズに木を倒すことが出来ました。

Photo_6

最後に、倒した木は枝を払って、丸太にまでしてもらいました。


切った木は無駄にならないように、これから薪などにしてしっかりと使わ

せてもらいますねconfident

間伐した木を切っているあいだ、ヒノキのいい香りにみなさん興味津々

でしたね。

ヒノキの香りは、人をリラックスさせる効果や、虫を寄せ付けない効果も

あるのですよbud

Photo_7

今回みなさんに森林体験を行って頂いた森は、体験前に比べだいぶ明るく、

太陽の光が入る森林になってきましたねsun

これからも、みなさんが手入れをしてくれた森が静かに成長してゆくのを

見守ってくれるとうれしいです。

また、増富の森林でみなさんが来てくれるのを楽しみにお待ちしていますよconfident

2011年10月11日 (火)

原町小学校さんの体験報告♪

目黒区のみなさん、こんにちは。


今回は、9月23日に行われた、原町小学校さんの体験教室の様子

をレポートしますpencil


原町小学校児童53人のみなさんには、花豆とトマトの収穫体験を

行って頂きました。


まずは、今が収穫時期を迎えている花豆の収穫体験から。

花豆を見るのは、今回の収穫体験が初めてという人もたくさんい

ましたね。花豆はここ増富地域の特産品で、全国的にも豆の粒が

大きくておいしいと有名な豆なのですよclub

花豆はインゲンの仲間で、畑に設置されたひもをつたって高いと

ころまでツルを伸ばして育ちます。

みなさんに体験して頂いた畑も高くまでツルが伸びていて、まる

で緑のカーテンの中のようでしたねclover

Photo_7



収穫体験では、はじめにえがおつなげてのスタッフから収穫の方

法を教わってから、収穫作業を行ってもらいました。


Photo_8

ツルにたくさんの花豆の「さや」がついている中から、乾燥して

茶色に乾いたさやになったものだけを収穫していきます。手で

振ってみるとカタカタと豆が動く音がするものは収穫の時期を迎
えている証拠good

最初はみなさん収穫するさやを見分けるのに苦労していましたが、

しっかり見分けて収穫することが出来ましたね。

Photo_9

さやを開いてみるとピンク色の大きな花豆が出てきて、みなさん

感動していましたねbud

Photo_10

収穫の箱いっぱいに、たくさんの花豆を収穫してもらいました。

原町小学校のみなさんに収穫して頂いた花豆は、これから乾燥さ

せて、大きさやツヤで等級に分けてからお店へ送られていきますbus

花豆は収穫時期が9月から11月と長く手間のかかる作物ですが、

原町小学校のみなさんに収穫して頂いてとても助かりましたよ。

ありがとうございましたconfident


花豆の収穫体験の次はトマトの収穫体験を行って頂きました。

自分の納得のいくトマトを探すのにみなさん真剣eye

Photo_11

収穫したトマトは1つはお家へのおみやげに、あとの1つはその

場で試食してもらいました。

試食では『甘い』『もっと食べたい』という声もあり、みなさん

自分の収穫したトマトのお味は格別だったようですねwink

Photo_12

先日の台風15号の影響もあり、トマトの棚が倒れたり、トマトが

落ちてしまったりと大変でしたが、無事にみなさん収穫体験を楽

しんで頂けたようで、えがおつなげてのスタッフもうれしかった

ですよconfident

花豆とトマトとそれぞれ全く違った作物の収穫体験はいかがでし

たかsign02

増富での収穫体験を通して、みなさん新しい発見が出来たら

れしいですpresent

また、ぜひ増富にも遊びに来て下さいねclub

2011年10月 6日 (木)

不動小学校さんの体験報告♪

目黒区のみなさん、こんにちは。


今回は、9月16日に行われた、不動小学校のみなさんの森林体験&

農業体験の様子をレポートしますclub


まずは森林での体験から。不動小学校のみなさんにも、森のお手入れの

ひとつ「枝打ち」をするために使われていた道具「ブリ縄」を使った木登りの

体験をしてもらいました。


みんなでえがおつなげてスタッフの見本をみたあとに、各グループに

分かれての「ブリ縄」木登り体験です。グループによっては、さっそく子どもたち

だけでやってみるところもありました。「これであってるかな?」、「もう1回縄を

まわすんじゃない?」などと教え合いながら、しっかりと「ブリ縄」技術を身に

つけていったようですねgood



011


とにかく明るく、ノリのいい不動小学校のみなさん。あちこちで歓声をあげながら

どんどんと木に登り、登った後にはカメラマンさんを呼んで記念撮影camera

カメラマンさんも、今までになく大忙しだったようですね coldsweats01


022_3

「もっと登りたい~」という声もありましたが、あっという間に、「ブリ縄」の

木登り体験も終了です。楽しんでいただけたようですね!


次は、畑に移動しての収穫体験です。


最初は、トマトの収穫体験です。

みなさん、早く採りたくてうずうずsweat01しているのが分かりましたが、

まずはしっかり、おいしいトマトの選び方の勉強です。



031


そして、いよいよ収穫です。みんな真っ赤なトマトを見つけるのに真剣eyesign01



042

「これは!」というトマトは見つかったでしょうか。

採ったトマトは、ひとつはその場で試食、残りはおみやげに持ち帰って

いただきましたhappy01

053_2



最後の体験は、ジャガイモ収穫体験です。

不動小学校のみなさんには、「きたあかり」というジャガイモを掘ってもらい

ました。

ジャガイモは、土を細長くもりあげた畝(うね)に植わっていましたが、

この時期には葉や茎は枯れていて、見た目にはどこにジャガイモが

植えられていたのか分かりません。


ですので、この収穫体験では、畝(うね)に沿って並んでもらい、

目の前の土を宝探しのように掘り起こしてもらうのですdollar

061_2

同じ場所で同じように育てられたジャガイモでも、大きいジャガイモが育って

いるところもあれば、小さいジャガイモがいくつも埋まっているところもあります。


072



大きさの違いはあっても、出来れば自分で掘りあてたジャガイモに、

愛着を感じていただけたらなと思います。味はどちらもおいしいですよsign01


ジャガイモは、袋につめておみやげにしてもらいました。

自分で掘ったジャガイモ、お父さんやお母さんにもじまんしてくださいねscissors


最後は、みずがき山自然公園でお昼ごはんです。

08


不動小学校さんは事前準備もすばらしく、先生がたくさんの遊び道具tennis

用意してくれていたみたいですね。 お弁当もすぐにたいらげ、広い芝生の

うえで、思いっきり遊んでいってもらいました。


不動小学校のみなさんの「元気」で、えがおつなげてスタッフ一同も

楽しい時間を過ごすことができましたconfidentまた、増富に遊びに来てくださいね!

2011年10月 5日 (水)

向原小学校さんの体験報告♪

目黒区のみなさん、こんにちは。

今回は、9月16日に行われた、向原小学校さんの体験教室の様

子をレポートしますclub

向原小学校児童54人のみなさんには、トマトとジャガイモの収穫

体験と、ブリ縄木登りの森林体験を行って頂きました。


まずは収穫体験から。

こちらは、ジャガイモの収穫体験の様子です。

土が少し掘りにくいところもありましたが、みなさん一生懸命に

掘ってジャガイモを探しましたねrock

今回のジャガイモ収穫は、スコップを使わずに手で掘って収穫し

てもらいました。

手で掘ると、ジャガイモを傷つけることなく上手に掘れるのですよ。

Photo


2
掘ったジャガイモはお家へのおみやげ。

大きなジャガイモや小さなジャガイモ、たくさん見つけられた人、

なかなか見つけられなかった人といろいろですが、お友達同士で掘

れたジャガイモを分けてもらいながらおみやげにしてもらいました。

小さなジャガイモは皮ごとまるごとフライドポテトにするとおいし

いんだよって担任の先生にも教えてもらいましたねdiamond

Photo_2

こちらは、トマトの収穫体験の様子です。

収穫してもらったトマトは、お家へのおみやげとその場で試食をし

てもらいましたapple

トマトが苦手で食べられないという人もいましたが、自分で収穫し

たトマトのおみやげは家族のみなさんもよろこんでくれたのでは?!


畑での収穫体験の次は、場所を移動して森林で林業の枝打ち作業で

使う「ブリ縄」を使った木登りを体験してもらいました。

収穫体験の日差しの中から一転、森の中はひんやり気持ちがよかっ

たですねclover

まずは、えがおつなげてのスタッフのお手本を見てもらい、しっか

りブリ縄の掛け方を覚えてもらいました。みなさん、縄の掛け方を

覚えるのに真剣です。

Photo_3

見本を見てもらった後は、グループに分かれて一人ずつ木にブリ縄

を掛けて木登りに挑戦してもらいました。

複雑な縄の掛け方も、グループの仲間で何回も挑戦して、体験の最

後には、みなさんブリ縄をマスターしていましたねgood

Photo_4

Photo_5

今回、向原小学校のみなさんには農業と林業という農村での大切な

仕事の一部を体験してもらいましたが、みなさん体験はいかがでし

たか?

農業体験が好きな人、森林体験が好きな人とみなさんそれぞれお気

に入りの体験が見つかったようですね。

お気に入りの体験を思い出したらまた、ぜひ増富に遊びに来て下さいねconfident

2011年10月 3日 (月)

大岡山小学校さんの体験報告♪

目黒区のみなさん、こんにちは。

今回は、9月14日に行われた、大岡山小学校さんの体験教室の

様子をレポートします。

すっかり秋の日差しがまぶしい増富で、大岡山小学校児童118人

のみなさんに元気いっぱいに収穫体験をして頂きましたclub

Photo_13

大岡山小学校のみなさんには、この時期にちょうど収穫をむかえ

るトウモロコシ、トマト、ジャガイモの3種類の野菜の収穫体験

をしてもらいました。

野菜の収穫体験ではクラスごとに、収穫する野菜の畑を歩いて

回りながら、野菜の収穫の仕方、採りごろの野菜の見分け方などを

見てもらい、お家へのおみやげを収穫してもらいました。

こちらは、トウモロコシの収穫体験の様子です。

えがおつなげてのスタッフからおいしいトウモロコシの見分け方

をしっかり覚えて、収穫しましたね。

見た目以上に、トウモロコシの茎が硬く、みなさん苦労しながら

収穫作業をしていましたね。

広いトウモロコシ畑の中から、じっくり選んだトウモロコシ。みな

さん納得のいく1本が収穫できましたか

Photo_14

こちらは、トマトの収穫体験の様子です。

Photo_16

みなさん赤いトマトを探すのに夢中になっていましたね。

収穫時期を迎えたトマトは、とても簡単に手で収穫出来るのも驚

きましたね。

Photo_17

収穫したてのトマトは青空の下でその場で丸ごと試食してもらい

ました。

えがおファームのある増富は標高が1000メートル以上あり、朝と

夜の寒暖差が大きいので、甘みのぎっしりつまったトマトが採れ

るのですよapple

今回みなさんにも収穫してもらったトマトは『ボニータ』という

種類のトマトで、スペイン語やポルトガル語で「おいしい」・「か

わいい」という意味もあるのですよ。

みなさん、おいしいトマトは収穫できましたか?

こちらは、ジャガイモの収穫体験の様子です。

ジャガイモが植えられたまっすぐの畝(うね)に沿ってみんなでいっ

せいに収穫作業を行いました。

土の中に隠れているジャガイモを収穫するのはまるで宝探しのよう

でしたねeye

小さいジャガイモも見のがさず、みなさん一生けん命探して掘り

ましたね。

Photo_18

大岡山小学校のみなさん、もりだくさんの野菜の収穫体験お疲れ

さまでした。

たくさんの野菜を収穫して頂いてありがとうございました。

えがおつなげてのスタッフも元気いっぱいの大岡山小学校のみな

さんと一緒に楽しく収穫作業を行うことが出来ました。

収穫してもらった野菜のおみやげ、お家での評判はいかがでしたか?

自分の手で収穫した野菜はいつもより少しおいしく感じたのではな

いでしょうかsign02

この収穫体験を通して、少しでもみなさんが野菜を好きになってく

れたらうれしいですconfident

また増富での体験を思い出して、野菜をたくさん食べてくださいね。

みなさんまた増富に遊びに来てくれるのをたのしみにしていますclub

Photo_19

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »